車売却

車体の下取り価格が下がる原因は、毎年1万キロ以上の走行がある

車査定を頼む前に、車体にある傷は直しておいた方がよいのか

車体の下取り価格が下がる原因は、毎年1万キロ以上の走行がある、その車体のカラーが流行っていない、車体の外観が綺麗な状態でない、破損しているパーツがある、タバコの臭いが染み付いている、などが見られます。

そして、修理をされたことがあるということも下取り額に差が出る原因となります。 (さらに…)

車をちょっとでも、高く買い取りしてもらうコツは、いくつかの

初めて車検を受けて国に登録した年を初度登

車をちょっとでも、高く買い取りしてもらうコツは、いくつかの買取業者に車の査定を頼むことです。


面倒なのは嫌だからと言って、たった一つの業者にのみ査定を実施してもらい、買取してもらうと自分の車が適当な価格で買い取ってもらえたのかということが知ることができません。 (さらに…)