ディーラー下取り

マイナス査定の要因になり得るものとして、走行距離

車の買取業者にはそれぞれ特色があり、輸入車専門だったり、事故車

マイナス査定の要因になり得るものとして、走行距離が平均して1年で1万キロを超えている、その車体のカラーが流行っていない、キズや汚れが車体にある、装備品に不備がある、タバコの臭いが染み付いている、などが見られます。また、車体の修理をされているということも査定金額への関連が大きいと言えます。 (さらに…)

中古車を売ってしまった後になって、瑕疵担保責任(か

車査定を頼む前に、車体にある傷は直しておいた方がよいのか

中古車を売ってしまった後になって、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば自分の方が非難されるべきですが、査定時に何か見落としがあったというならば非難される覚えはないのです。 (さらに…)

「走行距離がだいぶ伸びてきた」とか「家族構成が変わった」

基本的に自動車の査定時において、傷やへこみな

走行距離がだいぶ伸びてきた」とか「家族構成が変わった」など、車の買い替え時を迎えた時、実際、下取りはディーラーに任せるよりも、買取業者を利用した方が、金銭面で大きく得をすることが、よく知られるようになってきたようで、最近中古車の買取市場は活況です。

お店に出向く手間をかけることなく、自宅でもどこでも、パソコンやスマホで査定額の目安を知ることができて便利です。 (さらに…)