一般的に年度末で決算でもある3月やボーナスの影

長年乗った車。高く売るつもりはなくても、安値で買われる

一般的に年度末で決算でもある3月やボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。店側は期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。


いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格も低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。



車の査定をしたいけど、個人情報は教えたくないという人も多いのではないかと思います。しかしながら、匿名での車の査定は出来ないのです。

メールでの査定なら出来るかもしれないと思うでしょうが、残念なことに必要最低限の個人情報は提供しなくてはいけないので、匿名はできないのです。



車を査定する時は、必ず個人情報を相手に伝える必要があるのです。車の買取には印鑑証明が必要になります。
取引に必要な実印を登録している市役所、もしくは役所の出先機関で、2通入手しておきましょう。ここ最近だと証明書をコンビニなどで発行することもできますし、役所でも機械で自動発行できるところが少なくありません。ここで留意するべきは、印鑑証明は一か月以内の発行でなければ使用できないことです。

以前に取得した証明書は使えないということです。

出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまで複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。



そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、極めて短時間で成果を得ることができます。もっともデメリットもないわけではなく、たくさんの買取業者から営業電話が集中しますので、覚悟は必要かもしれません。実際に車査定を受けるなら、ふつうはベストは3月だとされているようです。


なぜ、3月がおススメなのでしょうか?それは4月は入学や就職など、車を必要とする人が急増し、中古車市場が大きく動く時期だからです。買取需要が増えますから、それに伴って、買取価格も高くなることが多いようです。自動車税の問題もありますから、いずれにしても3月のうちに売却まで進めてしまう事が最善だと言えます。

以前、顔見知りのUSED CAR販売業者の方に、10年以上乗ってきた車を鑑定してもらいました。



廃車に近い状態だと言われてしまい、値段をつけてもらえるかどうか心配でしたが、車の買い取り金額は3万円でした。のちに、その車は直され代車などに使われという話です。

新しい車を購入する場合にはディーラーに車を下取りを頼むのも結構あるのですが、その場合に下取り車と一緒にスタッドレスタイヤを買取してもらえるものなのでしょうか。実際、ディーラーによって対応に開きがあり、高い値段で買い取ってくれる場合や処分引取りで値がつかない場合もあるので、予め、確かめることが大切です。
車を個人間で売買すると、売り買いの手続きを自分でしなくてはならないので、相当な時間と労力の消耗になります。でも、車の調査判定であれば、プロにまるっきり頼ってしまえるため、自動車を売却するのも楽々です。ただ、違法な商売を行う自動車の買取業者も、いますので、周囲がどのように言っているのかよく確認すべきでしょう。自分の車は何年か前に事故を起こしており、フレームを直してもらったことがあるので、厳密に言えば修理歴ありということになります。

しかし、修理跡は簡単に見ただけでは分からない箇所にあります。車の買取をしてくれる業者に修理歴のことは言わなくてもいいのでしょうか。後からバレたら減額請求などで面倒なことになりそうですし、訴えられたりしたら只事ではありません。そういったリスクは背負いたくないので、修理歴のことは正直に報告しておくことにしました。車査定を受ける前に、以下のことをやっておきましょう。一社のみの査定で、安易に売却してはいけません。周りの人の話や、一括査定サイトで、いろいろなカービュー車査定業者を比べることが必要です。



事前の見積もりと現物査定に差が出ないよう、車の内外を掃除することが有利な査定につながります。


また、必要な書類は事前に確認しておき、当日提示できるようにしておきましょう。